2017-08-05(Sat)

『竹は節目を作ることを忘れない』

こんにちは。
POPOのじゅんじゅんです。



長年、私が憧れ続けている実業家で、著作家の和田 裕美さん・・・


私は今までに、和田さんの数多くの言葉に励まされてきました。


その一つが、今から紹介する『竹の節目のはなし・・・』です。


竹_R


先日書いた→(『まずは根を張る』)のはなしと
内容がちょっと似ています。(*^-^*)





2014年、和田さんが会社名も仕事の環境も大きく変化させる!
というときに書かれたはなしです。


当時、これを読んで共感し、
とってもやる気になったのを覚えています。♪




『私が、もしも竹だったなら・・・ばんぶ~!』



変わるときは、手放す勇気を必要とされ、
相手の得を考える自他の心も必要とされ、


今までの知識だけではなく
新しい知識を貯えることも必要とされ、


とにかく、一旦
前に進んでいた車を止めて(止まるのも怖かった)

じっくり見直して、外に向かう力を
内側に使わないといけませんでした。


しかし、せっかちで、いつも前に進みたい私にとっては
結構、これが苦痛だったんです。
(即、生産性がないことばかりやっている気がして・・・)



けれど、これは、『竹の節目』だなと
あるとき、思ったんです。


普通は、ぐんぐん伸びても
竹は、その節目を作ることを忘れない。

普通なら数センチも伸びるのに

節目の時期は、同じ時間をかけて
数センチしか伸びない。


しかし、この時期こそ大切なんですよね。


この節のおかげで強い力が加わっても
折れないからです。

しなやかで、『しなる力』がつくわけです。



『しなる』とは、『しなやか』ということで

『死んだように見えても、もどる』という意味。


で、「ああ、わたし、節目を作っていたんだな」
と思ったわけです。

いや、わたし、それほど死んだようには
なっていないんだけど(笑)


とにかく、人間にも『節目』って、必要ってことです。


今、なにか前に進んでいない気がする人も

やっても、やっても、同じ場所にいるような気がする人も


『これは、節目だ!』と思うだけで
なんか、嬉しくなりますよ。


「ああ、わたしは、竹だったんだ!ばんぶ~!」
と思えばいいのです。

折れない私になるんです。



と、いうことで

『停滞があってよかった!』という
陽転思考でしめくくります。


2014年 和田 裕美




なにがあっても折れない、しなる自分になる!
そのためにゆっくりと時間をかけて節目を作る時期も必要・・・

あ~、いいはなし~。((*´∀`))



和田さんは、いつも
『アウトプットが大事だよ。』と言われます。


いい話だな、勉強になったなと思うことに出合ったら
必ずアウトプットすること!

アウトプットすると、自分の中にしっかりと定着する!



この『竹の節目のはなし』は、たくさんの人に
アウトプットしたいなと思ったので書いてみました。


『根を張る!』 『竹の節目を作る』・・・

コツコツと前進していきたいなと思います。(*^-^*)



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

junjun

Author:junjun
山口県在住 40代 

☆クラフト作家

☆環境セラピスト
 アートセラピスト
五感コーディネーター

お問い合わせ
mamekoro6@yahoo.co.jp

POPOアルバム
facebook
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
オレンジリボン
子ども虐待防止 オレンジリボン
旧ブログ「POPO♪まめころ日記」
bandicam 2017-01-15 21-58-02-914_R
POPOまめころ劇場①
201002152021378e3.jpg
POPOまめころ劇場②
DSCF0023.jpg