2017-07-31(Mon)

「お金が目的でなかったら、キミは何がしたいのか?」

こんにちは。
POPOのじゅんじゅんです。




虹_R




突然ですが・・・


昨日の、私と息子(長男)の会話・・・
(方言、わかりづらいと思うので、ちょっと読みやすく書きます。(笑))



息子・・・「アラン ・ ワッツって知ってる?」


・・・「んっ?? 誰??」



息子・・・「母ちゃん、本をよく読むから知ってるかと思った。」


・・・「ボッ!ボヘーーー!( ̄∇ ̄;)」
     「無知な私。。。とっ、、、ところで、それは、どなた??」



息子・・・「哲学者。ちょっと本を読んでみようかと思って・・・
      母ちゃんも読む?」


・・・「うおーーー!!(*’∀’*)/ここで知ったのが縁!!うん!読む!」



息子・・・「動画が、またすごくいいんよ!」


・・・「うほほっ!(*゜∇゜*)♪」



・・・と、いう会話がきっかけで

動画を観てみた!!(*^ワ^*)


こちら
 ↓
アラン・ワッツ~「お金が目的でなかったら、キミは何がしたいのか?」



「うん、うん、すごくいい!(゜ロ゜)!!」



最初に、こんな質問から始まるのです。


あなたが望んでいることは何か?

あなたが、たまらなくしたいことは何か?
どんな状況を望んでいるのか?




そして、そのあと・・・


「何をしたらいいのか、わからないのです。」
という学生に対して


「お金が目的でなかったら、キミは何がしたいのか?」

「何をしてキミは、人生を楽しみたいのか?」



と、質問します。



これを観ながら

あ~、息子は今、こんなふうに
人生について・・・
自分について・・・

いろいろなことを考えているのだなと
気づかせてもらいました。



そして、動画の中でのアランワッツのアドバイスが
いいな、大事だなと思いました。
(ご興味のある方は、上に張り付けてる動画、観てみてくださいね。)


一言でいうと・・・


『好きなことをやりなさい!』

と、言っています。




そして更に、後半では親に向けての言葉があるんです。



「もし、子どもを育てているのなら
自分と同じような道を歩むよう教育していないかどうか・・・


人は、自分を正当化しようとするために
充実した人生を送ろうとしていながら

同じようなやり方で子どもたちを育てている。


まさに、吐き気がするのに
いつまでたっても吐き出せない状態で
生きているのだ。


だから、この質問にじっくり取り組むことが
とても大切になってくるのだ。


『私は、何を望んでいるのか?』






親は、みんな子どもに幸せになって欲しいと願います。

だからこそ、失敗しないように・・・
苦労しないように・・・


と心配をする。


なるべく無難な道を歩むように・・・
不安定な状態にならないように・・・

と、願ってしまうのかもしれません。


また、自分の経験したことは予想がつく範囲なので
自分と同じ道をすすめたくなるのだろうと思います。


でもそれは、

子どものために・・・というよりも
自分が不安になりたくないから・・・
なんですよね。



私の中にも、この思考はあるなと思います。
でも、やっぱり必要のない思考・・・

手放したいなって思います。(*^-^*)



どんなに、子ども本人が苦労したとしても

『やりたくて、やりたくてたまらないこと』

『好きなこと』
をやって欲しいなと思っています。



そのためには、もちろん!

親の私自身が、そういう生き方をしていこう!って思う。





以前、雑誌の記事で読んだことがあるのですが・・・


親の考えるレールの上で子供が活躍すると
喜び、自慢をするけれど、

子どもが自分よりも、自分らしい自由な生き方をしたり、優れていると
素直に喜べない親は多いのだそうです。


いつも自分のほうが上でいたいという心理。
自分は、そんなに自由にできなかったという嫉妬、劣等感。
子どもが変化していく寂しさ。


いずれにしろ、子どもの成長を邪魔している。

こういう心理も絡まっていたりするのですね。



結局、

自分が幸せでなければ、
人の幸せを願うことはできない


ということですね。(*^-^*)



・・・さてさて、

そういうことで!


まずは、私自身が、『好きなこと』 をしながら
幸せな人生を送っていけるように、
日々、楽しく過ごしていきたい思います。(*^-^*)




息子は、何が好きなんだろう?

やりたいことって、何なのだろう?

興味深々です。


何であれ、おもいっきり応援したいと思います。(*^-^*)




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

junjun

Author:junjun
山口県在住 40代 

☆ハンドメイド作家
・お豆アート
・フェルト人形
・ペーパーコラージュ
・スクラップブッキング

☆環境セラピスト
・五感セラピーコーディネーター
・アートセラピーパーソナルトレーナー

お問い合わせ
mamekoro6@yahoo.co.jp

POPOアルバム
facebook
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
オレンジリボン
子ども虐待防止 オレンジリボン
旧ブログ「POPO♪まめころ日記」
bandicam 2017-01-15 21-58-02-914_R
POPOまめころ劇場①
201002152021378e3.jpg
POPOまめころ劇場②
DSCF0023.jpg