2017-08-18(Fri)

『アトリエの整理整頓!』

こんにちは。
POPOのじゅんじゅんです。



POPOのアトリエを、整理整頓中~!


最近、ちょっと物置き化してて
どこに何があるのかも把握できていなかった!

ゴチャゴチャ、不便なまま使ってました・・・( ̄∇ ̄;) (汗)


CIMG0375_R.jpg


環境は、心を映し出す。

綺麗に整えていきたいと思います。(*^-^*)



そして、

少しずつまたこの場所で
活動を再開できるようにしていきたいと思っています。


まだまだ自分の中で活動の構想が
ハッキリとしていなくて、いろいろと思案中です。


もう少し時間をかけて
ゆっくり考えながら準備していきたいと思います。



まずは、
ここで作品制作の日々~。

今日も、ちょこちょこ作ってまーす。(*´∀`)♪



スポンサーサイト
2017-08-17(Thu)

『常識にとらわれない美しさ』

こんにちは。
POPOのじゅんじゅんです。



我が家の唯一の植木・・・ブラシの木!


通常は年に一度、5月頃に開花します。
今年の5月も満開になりました。



そして、8月の現在・・・

おぉーー!!また咲いた!
( ̄▽ ̄)ノ



ありえない2回目の開花だーー!


CIMG0350_R.jpg


ブラシの花・・・

いつ咲いても
やっぱり綺麗~!!

情熱の赤!(≧∇≦)ノ




本当は、時期はずれでおかしいのだけれど・・・



でも、ちょっと見方を変えて、


常識にとらわれず、
咲きたいときに咲く!

驚きを与えるサプライズ!



・・・と、固定概念をぶっ壊して
考えてみたら・・・


おもわず、素敵だぁーー!
と、ニッコリ、にっこり(*^-^*)なりました。



これが正しい!と思い込んだら
それとは違うことが起きたとき、それを間違いだ!
・・・と言いたくなる。


人間関係にも当てはまりますね。

自分が正しいと思っている価値観と
違う価値観の意見に出合ったら、
ついつい、それは間違ってる!
・・・と言いたくなる。(笑)


でも、見方や考え方が違うっていうだけで
どちらも綺麗な花を咲かせるっていうこと・・・
大いにあると思います。(*^-^*)


自分の常識と、人の常識って
違ったりしますよね。


・・・と、言いながら私もこれに陥ることがあるんだよね~。(汗)


日々、学びですね。(*^-^*)♪




FU FU FU ♡♥(。´▽`。)♥♡


私も!常識はずれた
ぶっとんだ自分らしい花を咲かせたい!(*^-゚)v

って、思った!!



情熱的!っていいですね~。(笑)




2017-08-16(Wed)

『グリーフワーク・・・悲しみを我慢しないこと』

こんにちは。
POPOのじゅんじゅんです。



今日は、大切な人とのお別れ(死別)について書いてみます。
グリーフワーク・・・


二葉_R


『グリーフワーク』とは・・・

(デジタル大辞泉より引用)


身近な人と死別して悲嘆に暮れる人がたどる心のプロセス。
悲しみから精神的に立ち直っていく道程。喪の作業。癒しの作業。






大切な人との死別は、言葉にはできないほどの
深い、深い悲しみが伴います。


心が回復するまでには、時間がとても必要ですね。

(深く悲嘆しているときは、時間の概念さえもわからなくなる。
現実にいながらも、どこか違うところに身を置いている感覚・・・
私は、しばらくそんな風に感じました。)



人生の中で、どうしても避けらえない身近な人との死別。
いつか必ず経験することなのだろうけれど・・・

でも、どうであろうと、やっぱり辛い。



この辛さを、自分でどう回復へと導いていくか・・・

人によって、それは様々だと思うし、
これだ!という正解はないのだと思います。


ただ、自分の感情に素直でいること!というのは
どの人にも必要なことではないかなと思います。



心理学的にも、大切な人との死別の際、

感情を抑圧しないこと。
悲しみを受け止め、我慢せずにおもいっきり悲しむこと。


・・・それが、とても大事なのだそうです。



しっかりしなくちゃ!とか、
早く元気にならなくちゃ!と思って無理をすると
心にどんどん負担がかかり、うつ状態にもなりやすくなります。




私は、父を亡くした時、職場の上司から

「こういう時こそ、しっかりしなくちゃね。」
「悲しんでいてもお父さんは喜ばないよ。」・・・と言われました。


もちろん、私を励ますために言ってくださったお言葉です。


そして、私もそう思い、一生懸命に涙をこらえ
無理に笑顔を作り、平気なふりをして
いつもと変わらない様子を見せるように努めました。


しかし、その態度は長くは続かず
仕事に行くのも辛くなり、結局、いろいろな言い訳を繰り返して
自ら退職しました。


無理をし過ぎたのか、
なにもやる気がせず、一か月ほど無職の日が続きます。
そして焦りをもってまた働き始めました。



祖母とのお別れのときも同じような繰り返しをしました。

そして、そういった自分を弱いなと思い込み、
自己嫌悪に陥る日々が続きました。


それでも、なんとか乗り越え、回復には向かいましたが
ずっと何年も心の中に、モヤモヤと辛く重いなにかが残っている感じが
抜けることはありませんでした。



その経験があるため、

母と親友とのお別れのときは
我慢するのをやめ、おもいっきり悲しむことを自分に許してみました。


当時、『グリーフワーク』という言葉を知ったのがきっかけです。


『心にある感情は表現されることを望んでいる・・・
表現の仕方は人それぞれだが、溜めこまないことが大切。

自分の心の中に、留めておき切れないほどの物を失ったのだから・・・』



と、知り、とても心が楽になったのを覚えています。



もしも、大切な人とのお別れに
まだ心が回復されていない方がいたら・・・


どうか我慢をせずに、誰かを頼ったり
素直に悲しみを表現してあげてくださいね。


そうやって、自分で自分に優しくできると
少しずつ、確実に回復に向かうと思います。


ゆっくり焦らず、

おもいっきり時間をかけて・・・。


こちらのサイトに、とても詳しくわかりやすく
『グリーフワーク』のことが載っています。
→(グリーフサバイバー

よかったら、参考にされてみてくださいね。(*^-^*)




私は、親友が亡くなったとき、アートセラピーで
心の中の想いを表現しました。
とてもとても癒されました。


色鉛筆画です。

声に出して、わんわん泣きながら描きました。

20101229231722d0e.jpg


笑顔で仲良く手を繋いでいる絵・・・
しかも はだかんぼ(*^-^*)


一緒に歌を歌ってるんです。
曲は・・・「星に願いを・・・♪」


そして、涙の雨・・・
悲しみの涙、 くやし涙、 嬉し涙、感動の涙・・・
いろんな涙・・・


封筒の中には、手紙を添えました。
この絵は、友人のご両親に贈らせていただきました。



自分の方法でいい。

私のように絵でもいいし、
音楽でもいいし、
言葉でもいい。

心の中で表現するだけでもいい。


ちゃんと表現してあげると、心は癒されますよ。(*^-^*)



人生、いろいろな出来事があり
嬉しいことばかりではないけれど・・・

経験することすべてに意味があるのだと思います。


私も大きな意味があった!
強くなれました。(*^-^*)


今日は、グリーフワークについて
少しでも誰かの参考になればいいなと思い書いてみました。



でも、そろそろ過去の話題はおしまいにして
夢、希望、未来の話をいっぱい!
これから書いていけたらいいなと思っています。



ではでは~、大切な人のぶんまで充実した人生を送っていく!
そのためにも、大好きなことをして過ごします。(*^-^*)♪



2017-08-15(Tue)

『ブライダルアルバムのベースができました』

こんにちは。
POPOのじゅんじゅんです。



職場のスタッフにプレゼントする
『ブライダルアルバム』・・・


厚紙に鉛筆で型をとって、
一からアルバムの形を作っていきます。

そして、ペーパーを貼って土台(ベース)が出来上がり~。

(*^-゚)vィェィ♪



こんな感じになりました~。

CIMG0344_R.jpg





アルバム_R





CIMG0345_R.jpg



今から、表紙のデザイン!
中ページには写真を貼ってデザインしていきまーす。(*^-^*)



やりだしたら止まらない♪!!
かっぱえびせんのようだーーー!(笑)


うひょひょっ。(≧∇≦)ノ

メッチャ楽しい~。♪







2017-08-14(Mon)

『後悔という感情と向き合う』

こんにちは。
POPOのじゅんじゅんです。



シロツメクサ_R



突然ですが・・・

あなたは今までに、後悔していることってありますか?



あの時、ああすればよかった・・・
こうすればよかった・・・

なんであんなことしちゃったんだろう・・・

・・・と、悔やむこと。



恋愛にしても、仕事にしても、
人間関係にしても、子育てにしても、

『後悔』って、すごく苦しいですよね。



私も、後悔という感情に長らく苦しみました。



過去は変えられないから、
悔やんでも、悩んでもしょうがないんだけれど・・・

変えられないからこそ、悔やむし、苦しいのですよね。




どうやったら抜けれるのだろう?と
何度も何度も、もがいて考えてみましたが、


これが!もがけば、もがくほど、抜けれないのです。




どうして苦しいのか?・・・


そのときの自分の未熟さを、自分でわかっているから。
わかっているのに一生懸命、正当化しようとする自分がいる・・・

またそういう自分がすごく嫌になって、自分を責める。


私の場合、この繰り返しで苦しさを感じていました。



でも、これを繰り返していたら、自分の未熟さは更に増し、
そんな自分に更なる後悔を生んでしまう!!


だから、変わるしかないのですよね。自分自身が!!




あるカウンセラーの方が、後悔について
こんな風なことを言われていると知人に教えてもらい
その時、すごく救われた気がしました。


(ノートのメモより・・・)


もしも、あなたが「もっと優しくできたのに」と後悔しているとしたら、
本来のあなたは、優しい人なのです。


「もっと話を聴いてあげられたのに」と感じているとしたら、
あなたには人の話を上手に聴く才能があるのかもしれません。

「色々してあげたいことがあったのに」と思ったら、
あなたはとっても与え上手な人なのかもしれませんね。


つまり、あなたが後悔しているのは、
あなたは本来自分がもつ才能を使わなかったからであり
逆に後悔は、その才能に気付かせてくれる大きなきっかけになるのです。


「もっと優しく・・・」と感じるのならば、
自分が本当は優しい人間で、でも、怒りや罪悪感、無価値感などから
優しくできなかったことを受け入れる時なのかも知れません。

そこで優しくできなかった自分を責める必要はありません。


むしろ、本来優しい人間が優しくできなくなるほどに追い詰められたり、
余裕がなかったりしたことを受け入れてあげることの方が偉大なことです。


そうすることで、あなたが持つ本来の優しさはさらに輝きを増すことでしょう。





自分の至らなかったこと、できなかったことに意識を向けるよりも
これから自分ができることに集中して成長していったほうが
自分もまわりも幸せですよね。


本気で、そう思えたとき今までの自分に責任を持とう!
と思えるようになりました。


そして、後悔していることに対して相手がいるときは
勇気をもって謝るということも必要なのだと思います。


そのときは、嫌われても、許してもらえなくても
それを受け入れる覚悟を決める!


実際にそう決めて、行動を起こすことができたとき
自分の心の中が大きく大きく変化した!と実感しました。


過去の出来事は変えられないけれど、
そこから大きな教訓を得て
前向きな解釈ができると、前進できますよね。


本来の自分で在ることが大事・・・ですね。(*^-^*)



もしも、このブログを見に来てくれた方で
何かに後悔しているという人がいたら・・・

どうか、どうか自分を責めないでくださいね。


あのとき、本来の自分だったらどうしていたはずだったか?
・・・と、責める意味ではなく、自分を大事にするために考えてみてくださいね。


そして、その本来の生き方を
これからしていきましょっ。(*^-^*)

・・・と、伝えたくて書きました。♪



ではでは~、

私も!後悔を、
これから実のりのあるものに変えていきます。(*^-^*)



プロフィール

junjun

Author:junjun
山口県在住 40代 

☆クラフト作家

☆環境セラピスト
 アートセラピスト
五感コーディネーター

お問い合わせ
mamekoro6@yahoo.co.jp

POPOアルバム
facebook
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
オレンジリボン
子ども虐待防止 オレンジリボン
旧ブログ「POPO♪まめころ日記」
bandicam 2017-01-15 21-58-02-914_R
POPOまめころ劇場①
201002152021378e3.jpg
POPOまめころ劇場②
DSCF0023.jpg